読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信用二階建てとは? - その意味と危険性

投資

 投資と投機の違いを分ける明確な基準というのは、実際はなく、その境界線は、実はかなり曖昧だ。
 しかし、信用取引、つまり、借金や貸株による取引をするようになったら、それは、投機への第一歩と見てかまわないように思う。

 その信用取引の中でも、危険性の高い取引手法に「信用二階建て」というのがある。先日、東洋経済の記事で、こんなのを見かけた。

toyokeizai.net

 2800万円もの金融資産を数日で失い、破産直前までいった著者の体験談だ。この著者は、かろうじて破産は逃れたみたいだが(破産しても借金はなくなりません。)、この巨額の損失を生み出した原因が、信用二階建てという手法だ。

 信用二階建ての手法をざっくり言うと。。。
・まず、ある銘柄の現物株を購入する。
・その現物株を担保(代用有価証券)に、同じ銘柄を購入する。

 現物株を買って、それを担保にさらに株を買い増す。。。要するに、証券会社から借金して株の買い増しをするのだが、証券会社に担保(委託証拠金)として差し出すものが、現金ではなく現物株なので、担保(委託証拠金)の価値が時価によって変動することになる。
 つまり、担保として差し出している現物株(代用有価証券)の時価が上がれば、担保の額も上がるので、それだけ、また多くの借金をすることができるようになる。

 委託証拠金率は、証券会社によってまちまちだが、最低30%と法令で定められている。なので、委託証拠金が最低30%の水準まで、借金ができる。逆に言うと、借金に対して、最低3割の委託証拠金を維持できればよい。

 ちなみに時価100万円の現物株を信用二階建てした際の計算はこんな感じ。

 (100 x 0.8) ÷ 0.3 = 266.66万円

 委託証拠金は、証券会社の定める代用掛目で目減りされる。ここの計算では、一般的な0.8で設定。約267万円分の株式を2階建て分として購入できる。元の現物と合わせて、総額367万円分の投資が可能だ。

 ここで、担保の額が時価で変動することの意味(というか、その恐ろしさ)に気付いただろうか。株価が上がれば、それだけ買い増せる額が上昇するので、雪だるま式に取得株式の総数が増えることになる。

 ってことは、株価が下落すれば、当然、逆のことが起こる。委託証拠金の額まで目減りするので、追証が発生しやすい取引手法なのだ。

 追証。。。
 ふつう、追証が発生するってだけで、恐ろしいのに、それがより発生しやすくなる取引って、もう通常の精神状態でできるようなものじゃないだろう。

 もう、こんなのは投資ではない。というか、よくこんな手法を編み出すもんだ。金融市場が発展する歴史の中で、さまざまな取引手法が開発されていったが、金融業界の人間っていうのは、こんな手法開発してまで、資金を増やそうとするのだから、ほんと、金の亡者としか言いようがない。
 まぁ、実際は、多くの証券会社が、「信用二階建て」の取引を禁止しているのだけれども。

 で。先の東洋経済の記事。
 この著者、「株投資の罠」とか書いているけれど、それ。。。

 投資じゃないですからっ!!

 この著者のやっていることは、

 ・信用二階建て
 ・一点勝負
 ・全力投球

 という、ほとんど正気の沙汰ではない取引です。
 攻撃力に最大値振って、防御力0にしている感じ。。。リスク分散など、リスク管理に関して一切、気を払っていない。。。

 これは単なる投機です。ていうか、もう完全なる博徒です。ハンチョウ博打にキッタハッタの命かける893ものみたいだ。

 このような常軌を逸した取引をあたかも株式投資の陥りがちな罠であるかのように書くこの記事は、明らかに読者の誤解misleadを誘うものです。

 ふつーの人は、こんな取引しませんから!
 (こうやって、株式投資は危険だという印象だけが、流布されていくんだなぁ。。。)

*追記
 ただ、こうした体験談は、読み物としては、非常に面白い。この手の派手な取引をしている人のblogは人気があるし、博徒を描いた小説なんかは個人的にも好きなものが多い。
 しかーし!それは、現実じゃないから面白いんです。実際にやってたら、精神持たないです。