読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経平均、新年度明けから3日で1000円以上の下げ - 厳しい年度初め

市況
日経平均は390円安、円高嫌気し大幅安、約1カ月半ぶりに1万6000円割り込む=5日後場

 5日の日経平均株価は、前日比390円45銭安の1万5732円82銭と全面安に6日続落。終値ベースで2月24日以来約1カ月半ぶりに心理的フシ目とされる1万6000円を割り込み、同12日の1万4952円61銭以来の安値水準となった。

 前場は353円安となった。前日の米国株式の下落や為替相場での円高推移、原油安を受けて、朝方から売りが先行。1ドル=110円台という円高推移を受けて、企業業績の先行き懸念が強まり、株価指数先物への断続的な売りを交えて、下げ幅を拡大した。

MORNINGSTAR


(=´・ω・) : 。。。

(* `・д・) : また1万6000円割り込んじゃったねー。

 それにしても、今年はほんとによく落ちるね。

(=´・ω・) : 。。。

(* `・д・) : なんだか、いつものパターンになってきたけど、大丈夫?息してる?

(=´・ω・) : 。。。う、う、うん。。。大丈夫。ちょっと気を失ってただけだから。。。

(* `・д・) : 。。。(いつも思うけど、それって、ほんとに大丈夫なのか。。。?)

(=´・ω・) : でも、今年は、年明け2016年の大発会が、いきなり582円安の大幅安で始まって、その後、6日続落。。。

 2016年度初日の4月1日は、また594円安の大幅安で幕開け。。。

 で。

 今日の日経平均は390円安。。。新年度明けてからの3営業日で1000円以上下げたってことになるね。。。

 しかも、もうこれで6日続落。。。1万6000円をまた割り込んだ。

 。。。もう、なんなのこれ?

(* `・д・) : 年明けを思い出すみたいな、急激な下げだね。

 こんな急激な下げだと個人投資家は対応できないよね。

(=´・ω・) : 投資家じゃなくて「とれーだー」は喜んでるのかもしれないけど。。。

 でも、優待や配当を期待している現物長期のふつーの投資家は、えらい目にあってるよね。3月29日の権利落ち日から一気に下げてきてるからね。

 権利落ち日からは、日経の平均配当率分ぐらいは下がるのは、確かに普通なんだけど。でも、その下げ分は4月中に回復するっていうのが、ここ数年の値動きだったんだよ。

 だけど、1000円以上下げると回復の見込みないなぁ。

(* `・д・) : 今回は、海外に特別悪い要因があるってわけじゃないんでしょ?

(=´・ω・) : うん。円高は進んでいるから、それが日本株の売り圧力になってるけど、寄り付き前海外投資家動向だけ見ると、海外勢が一気に売りをしている感じでもなさそうなんだけどね。

 中国もヨーロッパも比較的落ち着いた値動きだし。。。

 原油安も落ち着いてきてるから、産油国の換金売りでもなさそうなんだよね。

(* `・д・) : じゃぁ、ほんとに日本発の株安ってことだ。

(=´・ω・) : そうだね。

 年金なんかのGPIFによる公的買いが3月期末で一巡したっていう観測はもともと市場にあって、4月は特に政策的な動きはないだろうって思われてたんだよね。
 そこで、買いが手控えられてたところに、権利落ち日以降の配当率分の下げに乗っかった仕掛け的な売りがあったって感じじゃないかな。

 もともと地合いの悪い相場だから、それがさらに不安心理を呼んで、余計に下げを広げたってってことかな。

 だから、今回の下げは、経済状況とか配当率分の下げとかなんも関係ない仕掛け的な売りだと思うよ。

(* `・д・) : じゃぁ、あんまり、経済的な要因は関係ないのかな。

(=´・ω・) : たぶん。(しらんけど。)

 でも、ここで狼狽売りしたら、個人投資家はほんとにいいカモにされるだけだよ。

 こんなんなのだだの仕掛け売りだよ。じっと耐えておくのがいいと思うね。

(* `・д・) : でも、もう去年の年末からずっと耐え続けてるよね。

(=´・ω・) : 。。。(泣)