読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

任天堂「マリオラン」のヒットで、スマホゲームは健全化するか

企業・業界
Super Mario Run

 

マリオ・ランが「信じられない記録」 ポケモンGOとどちらがスゴい?

  任天堂は、2016年12月15日(米国時間)に配信を開始した「Super Mario Run(スーパーマリオ ラン)」が、リリースから4日間で、全世界で4000万ダウンロードを突破したと、21日に発表した。

   スーパーマリオランは現在、世界150か国・地域でダウンロードできる。140の国と地域のApp Store無料ゲームランキングで1位を飾り、全世界100のApp Storeで収益を上げたゲームの「トップ10」に入ったとも報告している。

(...)

 App Storeからダウンロードが可能で、無料で遊べる。ただ、すべてのプレイを楽しむ場合は米国で9.99ドル、ユーロ圏では9.99ユーロ、日本では1200円を支払う必要があるが、「買い切り型」のため、追加課金を気にすることなく、安心して遊べるのが特徴だ。

   日本のスマホゲームの多くが「アイテム課金」の仕組みをとっているなか、「スーパーマリオ ラン」は「1200円」を求められるため、いわゆる「ガチャ」を含めたアイテム課金に慣れているヘビーユーザにとっては割安だが、お金をかけないライトユーザーにとっては「負担になる」との見方があった。

   スマホゲームではめずらしい、追加の課金がない「買い切り」のビジネスモデルによるゲームがどれだけ収益につながるか、が気になる一方で、人気者の「スーパーマリオ」の登場で、配信開始前から「ポケモンGO」に匹敵するか、それを超えるとの予測から、大きな注目を集めていた。

   そうしたなか、任天堂は「(4日間で4000万ダウンロードは)想定を上回るスピードです」と話す。

J-cast News

(* `・д・) : やっぱり、発売前から話題になってただけあって、すごい売れてるねー

(=´・ω・) : そうでもないみたいよ。もう、売り上げが失速してるみたいだし。

【参考記事】
任天堂の「マリオラン」、全ての国で売上高首位を明け渡す - Bloomberg

(* `・д・) : 前のPokemon Goと比べるからだよ。買い切りのゲームとしては、やっぱりすごい売り上げだよ。

(=´・ω・) : まぁ、買い切りで追加課金なしっていうのは、好感が持てるよね。

(* `・д・) : 任天堂が「ガチャ」とかいうギャンブルで利益上げてるような企業と提携して、smart phone市場に参入するって聞いた時は、ほんと、がっかりしたもんね。

(=´・ω・) : 「任天堂、お前もか!」って感じだったよね。

(* `・д・) : でも今回の「Super Mario Run」は、ガチャみたいなギャンブル要素を入れてこなかったからね。

 そこは、さすが任天堂だと思ったよ。子供にギャンブルやらせて儲けようとしなかっただけ、立派だよ。

(=´・ω・) : もともと花札作ってた会社だけど(笑)。

(* `・д・) : マリオランは、今のガチャや追加課金が主流のsmart phone gameとは、一線を画したからね。

 それに前回のPokemon Goみたいに、歩きスマホを促すようなものでもないし。

【参考記事】
ポケモンショック再び - ポケモンGOで初の死亡事故

(=´・ω・) : 確かにそれ、重要な点だよね。

 ・買い切りで、追加料金がない
 ・ガチャなど、ギャンブル要素がない
 ・歩きスマホを促すようなものではない

 Smart phoneのgameもこうしたbusiness modelが主流になれば、もっと健全化すると思うんだけどね。

(* `・д・) : やっぱり、それは、マリオランが成功するかどうかにかかってるんじゃない?

 任天堂が参入したことで、ガチャみたいなギャンブル主流のsmart phone game市場が変わるかもしれないよ。

 任天堂がんばれ!

(=´・ω・) : 運を「天に任せる」っていう社名からして、おもいっきり、ギャンブルみたいな会社だけどね(笑)。

広告